失踪した人の探し方|探偵への無料相談も探すきっかけに

失踪した人の探し方|探偵への無料相談も探すきっかけに

失踪した人の探し方|探偵への無料相談も探すきっかけに

 

旦那や息子・婚約相手が突然失踪した・・・
一刻も早く探し生きて再会するためにできることとは。

 

 

旦那や息子・婚約相手が突然いなくなり、
電話やメール等連絡が取れないまま数日経つと、
失踪したことがわかり、早く探し出してあげる必要があります。

 

 

失踪する多くが男性で、
家庭や仕事・人間関係などで大きなストレスを抱えながら我慢し、
それが何かのきっかけで爆発することでいなくなります。
もしくは金銭トラブルによるもののケースもあります。
これらの場合、自殺につながることも多いので注意が必要です。

 

 

あなたの大切な方が失踪したとわかった時、
まずは警察に捜索願を出すことを思いつくでしょうが、
警察はあまりあてにならないので気をつけましょう。
警察には年間8万件もの捜索願が出されていると言われ、
事件性があるものが優先されるのでなかなか対応してもらえません。

 

 

早期発見が重要な失踪人捜索では
一応出しておくというくらいの位置づけにしかなりません。

 

 

失踪人を探すにはまずは落ち着いて以下の点を確認し、
本当に失踪したのかどうかを確認しましょう。

  • 洋服・財布・携帯・カードなど身の回りのものがあるか
  • 最後に合った時の足取りを思い出し確認する
  • 勤務先・学校・友人・知人に連絡する

確認していろいろなくなっていたり、
誰も所在が分からないようなら失踪の可能性が高いです。

 

 

 

本格的に失踪人を探すには以下の方法で確認します。

  • よく行く場所・ゆかりの場所などを探す
  • 貯金通帳などがあれば記帳してみる
  • 探偵事務所に無料相談・調査依頼を行う

 

 

 

よく行く場所・ゆかりの場所などを探す

 

もし、失踪した方が自殺を考えているなら、
最後に自分のゆかりの地を回るという人が多いそうです。

  • 生まれた場所・出身地
  • ご両親の実家・お墓
  • 家族や子供との思い出の場所
  • 妻と出会った場所や新婚旅行で行った場所
  • 親しい友人と関係のある場所

など。
距離は関係ありません。
死ぬことを考えているので遠くても最後に思いをはせるそうです。

 

 

なので、思い当たる場所をしらみつぶしに回って、
失踪者を探します。
それによって見つかるケースも多いそうです。

 

 

 

貯金通帳などがあれば記帳してみる

 

キャッシュカードはないけど貯金通帳がある場合、
記帳してみることで失踪者の動きがわかります。
お金が降ろされていれば少なくとも生きていることは確認できます。

 

 

後は銀行に事情をお話しして、
いつどこで利用されたかを教えてもらうようにしましょう。
銀行や担当者によって協力してもらえるかどうか変りますが、
情報さえもらえれば、居場所をある程度特定できます。

 

 

もし、貯金通帳が無くても、
銀行に行って交渉してみるのも1つの手です。

 

 

 

探偵事務所に無料相談・調査依頼を行う

 

探偵事務所に調査を依頼するとお金がかかります。
ですが、人の命はお金に変えられません。
遺体が見つかってから後悔しても遅いのです。

 

 

探偵事務所では失踪人調査も多くノウハウもあるので
無料相談でアドバイスを貰ってみるのもいいでしょう。
それだけならお金はかかりません。

 

 

それで、調査が必要となれば、
後は判断するのはあなたです。

 

 

 

もし、探偵事務所に無料相談・調査依頼をするなら、
オススメは原一探偵事務所です。
取材協力でテレビで何度も失踪人を探し出したこともあるし、
調査実績も40年以上、7万件以上でノウハウも蓄積されています。
失踪人の行動パターンなども持ち合わせているので、
早期発見には大きな力になるはずです↓↓

 

人探し・家出

 

0120-63-0653
(スマホならクリックすれば電話できます。)

 

 

 

>>>驚くほど使える!「生活情報・便利グッズ・副業」まとめ配信サイトTOPへ戻る