暴動被害でも受け取れる海外旅行保険を契約しておこう!

暴動被害でも受け取れる海外旅行保険を契約しておこう!

暴動被害でも受け取れる海外旅行保険を契約しておこう!

 

最近は世界各地で暴動やテロが起きているため、
海外旅行を予定していたり計画している場合、
暴動でも対象になる海外旅行保険を掛けておきたいですよね。

 

 

そこで一般的に海外旅行保険が

  • 保険金支払い対象にならない場合
  • 保険金支払い対象になる場合

をお伝えします。

 

 

 

■保険金支払い対象にならない場合

 

海外旅行損害保険の免責事項に一般的に記載があるのは

  • 戦争
  • 内乱
  • 武装反乱・革命
  • 武力介入

などです。
こういった条件に当てはまる場合は
保険金が支払われないということになります。

 

 

こういったことが起きている国へ旅行した場合は
テロであれ暴動であれ保険金は支払われませんので注意!
(戦争が起きている国の場合はテロとは言わないかもしれませんが)

 

 

 

■保険金の支払い対象になる場合

 

海外旅行保険の支払い対象になるのは
上記のような戦争状態にない国において
テロ組織によるテロや突発的な暴動があった場合です。

 

 

すなわち、自ら危険地帯にわざわざ踏み切んでいったわけでなければ
だいたいのケースにおいて保険金が支払われるということです。
なので、基本的にテロや暴動被害の場合は保険金が下ります。

 

 

 

以上が一般的な海外旅行保険の考え方です。

 

 

 

 

■暴動・テロでも安心な海外旅行保険の入り方(できるだけ安く)

 

不安があるととにかく良い保険をかけておこうとして
保険料がかさみがちになってしまうもの。
海外旅行保険は基本的に掛け捨てなので、
何度も旅行に行く人ほど、保険料が積み重なってしまいます。

 

 

たしかに、何も考えず良い保険をかけておけば安心ですが、
過剰なプランで高額を払うのは少しもったいないを思います。

 

 

そこで、暴動・テロでも安心な海外旅行保険の入り方をご紹介!

 

損害死亡・後遺障害の保証が厚いクレジットカード付帯の海外旅行保険

 

最近のクレジットカードには
海外旅行損害保険が付帯していることが多く、
年会費・入会金無料のものでも楽天カードなら
損害死亡・後遺障害が最大2000万円も付いていたりします。

 

 

そのため、損害死亡・後遺障害の保険金は
クレジットカード付帯の海外旅行保険で十分!
すでにクレジットカードをお持ちであれば、
海外旅行保険が付帯しているか、
またその内容を確認してみましょう。

 

 

今のクレカに海外旅行が付帯していなかったり、クレカが無いなら
年会費・入会金無料の楽天カードを作っておくのがオススメ。

 

 

 

損害治療費は安い掛け捨ての海外旅行保険でまかなう

 

クレカ付帯の海外旅行保険の弱点は
損害治療費が最大200万程度しか出ないこと。
年会費有料でも同じ金額であるところが多いです。

 

 

アメリカやフランス・イギリスなどの場合は
2〜3日の盲腸の入院でも200万程度掛かってしまうので、
テロで大けがした場合に備えて
損害治療費が高い保険に入ると安心です。

 

 

こちらは旅行会社などで案内があるので聞いてみましょう。
損害死亡・後遺障害なし(or安く)すれば保険料が安く済みます。

 

 

 

この2つを組み合わせることで、
海外旅行保険を安く済ませることができます。
浮いたお金で旅先でちょっと贅沢したい方は是非どうぞ!

 

 

 

 

>>>簡単・楽しい副業SNSスー(Tsu,ツー)!在宅ワーク・内職でも稼げる!TOPへ戻る

関連ページ

個人でできる海外旅行でのテロ対策!できる限りの準備を!
やはり気になるのは海外旅行に行った時にテロに巻き込まれないかどうか。そこで個人でできる海外旅行でのテロ対策をご紹介します。できる限りの準備をして安心して楽しみましょう。
テロ対策で入るべき海外旅行保険|安く必要な分を加入しよう
テロ対策で入るべき海外旅行保険を安く必要な分を加入できるように情報をまとめました。最近はテロニュースが多いので海外旅行へ行く際には保険をかけておきたいという人が増えました。でも闇雲に入らずお得に済ませて旅行をちょっと贅沢に楽しみましょう。